口臭の原因

口臭の原因

口臭の原因は、大きく分けて3つあります。

 

生理的口臭

生理的口臭は、生活習慣や精神状態によって起きる口臭のことをいいます。口臭が気になっている方のほとんどがこの生理的口臭によるものです。具体的な例を上げるとこのようなことが生理的口臭の原因です。

 

〜食べ物〜
食べ物のカスが歯に挟まり、悪臭を発生させます。

 

〜ストレス〜
ストレスを感じると唾液の量が少なくなり、口の中が乾いてしまい口臭が発生します。

 

〜タバコ〜
タバコに含まれるニコチンやタールという物質が歯に付着し、タバコ独特のニオイを発生させます。

 

〜お酒(アルコール)〜
お酒には2つ口臭の原因があります。1つ目は利尿作用です。お酒を飲むとトイレに頻繁に行く理由はこの利尿作用が原因です。トイレに頻繁に行くと体の水分が減り、口内が乾燥し悪臭を発生させます。2つ目はアセトアルデヒドという成分が原因です。アセドアルデヒトは強烈な悪臭の塊なので、口臭だけではなく、体臭の原因にもなります。

 

〜加齢〜
年とともに唾液の分泌量が減るため口臭のニオイが発生します。40代以降の方は口臭ケアをしないと人に不快な思いをさせている可能性が非常に高いです。加齢による口臭は別名=口臭加齢臭とも呼ばれています。

 

〜ホルモンバランスの乱れ〜
ホルモンバランスの乱れると口臭が強くなると言われています。医学的には断定はされていませんが、口臭が強くなるのは事実です。よく言われているのが、ホルモンバランスが乱れによるストレスです。ストレスを感じると口が乾燥し口臭が強くなります。

 

〜便秘〜
便秘は体に毒素を溜め込んでしまうため、口臭や体臭の大きな原因になります。便秘の方は口内のケアよりも先に便秘を改善したほうが口臭改善に近道かもしれません。

 

歯学的口臭

歯学的口臭は、虫歯や歯周病などの歯が原因で起こる口臭のことをいいます。

 

〜虫歯〜
虫歯は口臭の大きな原因の一つです。虫歯は歯が腐っている状態なので悪臭を発生させます。

 

〜歯周病(ししゅうびょう)〜
歯周病とは、歯と歯茎の間に菌が入り、歯茎をグラグラにさせる恐ろしい病気です。ほっとくと最終的に歯が抜けてしまいます。歯周病になるとメチルメルカプタンという細菌が増殖します。このメチルメルカプタンが腐敗ガスを発生させ、口臭の原因になっています。

 

〜歯肉炎(しにくえん)〜
歯肉炎は、歯を支えている歯肉という部分が炎症を起こし膿がでる病気です。この膿が食べ物のカスを腐らせ、口内から悪臭が発生します。

 

病的口臭

病的口臭は、呼吸器や消化器、内臓系の病気から起こる口臭のことをいいます。なぜこれらの病気にかかると息が臭くなるのか一つ一つ説明します。

 

〜呼吸器の病気〜
呼吸器系の病気にかかると鼻呼吸だけで生活をするのが辛くなります。鼻+口で呼吸することが多くなります。口呼吸が増えると口の中が乾燥し、口臭を引き起こします。また口呼吸は空気中の細菌を口の中に直接入れてしまうので、口臭の原因と言われています。

 

〜消化器の病気〜
消化器系の病気にかかると消化機能が低下します。消化機能が低下すると食べ物がうまく消化できず、体内からニオイを発生させる原因を作ってしまいます。

 

〜内臓系の病気〜
内臓系の病気は、体の水分を低下させます。これにより口内も乾燥してしまうので口臭の原因になると言われています。

他の口臭予防商品から選ぶ!

口臭サプリメントマウスウォッシュローズサプリ

歯磨き粉なた豆茶総合ランキング

 
口臭サプリメント マウスウォッシュ ローズサプリ 歯磨き粉 なた豆茶